本文へジャンプ                                                            消費と生活は、昭和41年(1966年)創刊の消費者総合雑誌です。
トップページ
会社概要
購読案内
広告掲載案内
バックナンバー
読者特派員募集
消費者関連の法律トラブル相談窓口
悪質な商法一覧
講演の講師派遣こんしゅうまあ川柳
大変です!編集長
消費者コラム
消費生活アドバイザー 資格試験手引き
消費者関連リンク



  

  

   

  

 

  

  

  

  

  


  


  


  


  


   


「消費と生活」はオンラインでも紙媒体・電子ブックの購読の申し込みができます。
以下をクリックしてお申込みください。


   消費者総合雑誌「消費と生活」は昭和41年(1966年)創刊。2023年10月、57周年を迎えました。
  ㈱消費と生活社は、2017年消費者支援功労者表彰でベスト消費者サポーター章」を受賞しました。
                            
最新号 
2024年5月1日発行号 No377
       
      表紙 リニューアルオープンして迫力が増した 「福井県立恐竜博物館」(福井県勝山市)

〈グラビア〉
消費者志向経営トップセミナー/第62回全国消費者大会開催/「消費者志向活動章」を5つの活動に/パートナーシップ構築シンポジウム開催/飲食業界の「2030年問題」を考える
〈特集〉
ワイド特集 紅麹サプリ事件の顛末とこれからの課題 編集部
有名人の写真を勝手に使って偽の投資サイトに誘導する手口が横行 多田文明
消費生活相談員のカスタマーハラスメント問題 深山智理
〈商品特集〉
進化を続ける冷凍食品
ヨーグルト・乳酸菌飲料で腸内環境を整えよう!
〈連載〉
やぶにらみ社会学 255 「加藤」が「佐藤」に 足立則夫
消費者問題なう 機能性表示食品 猪瀬 聖
コンシューマー・アイ 洗濯いまむかし 片山仁子
消費者センターめぐり 237 福井県消費生活センター
〈消費者情報〉
消費者庁、機能性表示食品の健康被害対策検討/けがのリスクが高い要介護高齢者/消費者庁HP内に、消費者団体訴訟制度ポータルサイト開設/健康食品の虚偽・誇大表示に対し改善指導/ACAP、「消費者志向活動章」表彰
〈話題〉
シミ対策にOTC医薬品(第一三共ヘルスケア)
ミセスのカー研究 電動キックボード
熱中症対策は測る・冷やす・摂る(ミドリ安全)
光熱費を節約するエネファーム
住宅めぐり 断熱、防音、防犯に優れた内窓
暮らしの商品情報 長期保存できる熱源調理不要のごはん/電子レンジ調理で手軽に1人前の中華料理/「北海道コーン茶」に小型PETボトル登場/泡洗顔で透明感のあるすこやかな肌へ/もっと見せたくなる髪へ女性のための発毛剤/人の葬儀と同様の葬儀で、ペット葬
cinema 5月・6月公開の作品
BOOKSTALL
読者のひろば
羅針盤・編集後記

羅針盤(消費と生活のコラム)核廃絶を改めて願う

 ロシアがウクライナに軍事侵攻したのは2022年2月24日。もう2年が過ぎている。ゼレンスキー大統領は
3万千人のウクライナ兵が殺害されたと明らかにした。
 その諍いが終わらないのに、ガザ地区を中心にパレスチナの解放を訴えている武装組織ハマスが、2023年10月7日、イスラエルへ大規模な攻撃を行い、イスラエルは報復作戦を開始した。
 今年4月1日にシリアの首都ダマスカスにあるイラン大使館がイスラエル軍によって空爆され、報復だとしてイランは4月14日、イスラエルに対し、約170機のドローンや約120発のミサイルを使った攻撃をした。
 この二つの戦争はなかなか終わる気配を見せない。そして怖いのが、核兵器の使用の危機があることだ。
 ロシアのプーチン大統領は今年3月13日に公開された国営メディアへのインタビューで国家存続の危機にさらされれば核兵器の使用を辞さないとの立場を改めて示した
 一方、米国では下院のウォルバーグ議員(共和党)は3月30日に、イスラエル軍が侵攻したパレスチナ自治区ガザに関し「ナガサキやヒロシマのようであるべきだ。早く終わらせられる」と述べ、原爆投下を促すような発言をしている。
 今年3月に発表された米国アカデミー賞では、原爆の開発者の自伝「オッペンハイマー」が受賞したが、映画では広島、長崎の悲惨な状況は描かれていなかった。
 長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)の核弾頭データなどをもとに作成(2023年6月現在)され
たポスターには世界の核弾頭は、1万2520発(ロシア5890発、米国5244、中国410発、フランス29
0発、イギリス225発、パキスタン170発、インド164発、イスラエル90発、北朝鮮40発)だという。
 「核兵器は戦争の抑止力になる」という理論で持ち続けられているが、果たしてそうなのか?核兵器ではない抑止力を持つべきではないのか、いま改めて考えてみたい。
いま改めて考えてみたい。
                                                                            copyright©2024 syouhitoseikatu Inc. all rights reserved.